サイトマップ

久喜市の住宅メーカーを標準装備で比較!

標準装備で選ぶ! 久喜市の注文住宅メーカー集 » 久喜市でこだわりの注文住宅を建てる » 久喜市で省エネ住宅を建てる際のポイント

久喜市で省エネ住宅を建てる際のポイント

注文住宅を建てるときに気になるのが省エネ住宅ですよね。何となく響きの良い家ですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。このページでは、省エネ住宅の特徴やメリットなどを解説しています。家を建てる前に確認しておきましょう。

省エネ住宅は暖冷房のエネルギー消費が少ない

資源エネルギー庁は、省エネルギー住宅(省エネ住宅)を”暖冷房のエネルギー消費を抑えることのできる住宅”と定義しています。このように定義する理由は、暖冷房で消費するエネルギーが家庭で消費するエネルギーの約30%も占めるからです。

日射遮蔽と断熱が重要

暖冷房のエネルギー消費を抑えるうえで重要なポイントが、冬は室内の暖かい空気を逃さないこと、夏は室外の熱を室内に侵入させないことです。つまり、冬は断熱、夏は日射遮蔽が重要になります。省エネ住宅は、断熱性と日射遮蔽性が高い家といえるでしょう。

参考: 建材産業省資源エネルギー庁:住宅による省エネ

省エネ住宅はメリットがいっぱい

省エネ住宅のメリットとして最初に挙げられるのが、光熱費を抑えられることです。暖冷房をあまり必要としないので、光熱費は安くなります。

室内の快適性が高い点もメリットとして挙げられます。快適性が高い理由は、断熱と日射遮蔽により冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を実現できるからです。エアコンの効きが良い点も見逃せません。省エネ住宅は快適住宅といえるでしょう。

従来の住宅より、健康的な生活を送りやすい点もメリットといえます。省エネ住宅は暖かい空気を逃さないので、冬でも室温はほぼ均一です。よって、ヒートショック(急激な温度変化が身体に与える悪影響)を起こしにくいといわれています。また、ダニやカビの原因になる結露もほとんど起こりません。アレルギーなどが心配な方でも安心して暮らせます。

省エネ住宅は、住宅の耐久性も高いと考えられています。結露による木材の腐朽や建材の劣化が起こりにくいからです。長く住める家をお探しの方にもお勧めです。

省エネ住宅の性能は断熱・日射遮蔽・気密で決まる

省エネ住宅を実現する3つの性能が、断熱・日射遮蔽・気密です。それぞれの意味は次の通りです。

断熱とは

断熱とは、室内と室外の熱の移動を少なくすることです。断熱性能が低いと、室内の暖かい空気が室外へ移動、室外の熱が室内へ移動しやすくなります。よって、断熱は省エネ住宅を実現する重要な性能といえます。住宅の断熱性能を表す値がUA値(外皮平均貫流率)です。この値が小さいほど省エネ性能は高いといえます。

日射遮蔽とは

日射遮蔽とは、日射を遮ることです。日射は、夏の室温上昇の大きな原因といえます。日射で室温が上昇すると、冷房のエネルギー消費が増えてしまいます。よって、日射遮蔽も省エネ住宅を実現する重要な性能といえます。日射遮蔽性能を評価する値が、平均日射熱取得率です。この値が小さいほど、省エネ性能は高いといえます。

気密とは

以上に加え重要な性能といえるのが気密です。気密とは、建物を密閉して気体の流通を防ぐことです。気密性が低いと、室内と室外の空気が出入りするので熱の移動も多くなります。住宅のすき間の量を表す値がC値です。この値が小さいほど、延べ床面積当たりのすき間の量は少ないといえます。

省エネ住宅を実現するポイント

省エネ住宅を実現するうえで重要といえるのが開口部の断熱です。冬は室外へ移動する熱の約5割が開口部から逃げ出し、夏は室内へ移動する熱の約7割が開口部から侵入すると考えられています。熱の主な出入り口となっている開口部が窓です。窓の断熱性は、ペアガラスや断熱サッシを用いることなどで高められます。

省エネ住宅を建てるときは、換気にも注意が必要です。気密性が高いと、室内の空気が入れ替わらないので環境が悪くなってしまうからです。熱の移動を抑えつつ計画的に空気を入れ替えることが重要です。換気には、室内の温度を均一にする働きや室内にこもった熱を排出する働き、結露を防ぐ働きなども期待できます。省エネ住宅とセットで検討を進めましょう。

久喜市の省エネ住宅の改修について

久喜市は省エネ住宅の普及に努めています。次の要件などを満たす方は、住宅の省エネ改修後、申告をすることで家屋にかかる固定資産税の減額を受けることができます。

対象となる家屋は次の通りです。

対象となる工事は、自己負担額50万円以上の「窓の改修工事・天井・床・外気に接する壁の断熱工事」です。窓の改修工事を必ず含まなければならないので、天井・床・外気に接する壁の断熱工事だけでは対象になりません。

以上の要件を満たす方は、床面積120㎡を上限とし、固定資産税3分の1の減額を受けられます(改修工事で認定長期優良住宅となった場合は3分の2)。

減額申告の期限は、改修工事が完了した日から3カ月以内です。新築住宅に関する軽減措置、住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置を併用することはできません。詳しくは、久喜市財務部資産税課で「熱損失防止改修住宅(住宅の省エネ改修)に伴う固定資産税の減額措置」についてご確認ください。

参考: 久喜市:熱損失防止改修住宅(住宅の省エネ改修)に伴う固定資産税の減額措置について

耐震促進に力が入っている久喜市

久喜市は、住宅の省エネ化に加え耐震化にも力を入れています。耐震化に力を入れている理由は、東京湾北部地震・茨城県南部地震・元禄型関東地震・関東平野北西縁断層帯地震及び立川断層帯地震などによる被害が想定されているからです。

久喜市は、地震の被害を軽減するため旧耐震基準により建築された住宅の耐震化、学校や病院など多数の者が利用する建築物の耐震化などを進めています。

支援制度や啓発活動などにより耐震化を進めた結果、平成20年10月1日時点で71.0%だった住宅の耐震化率は、平成27年度3月31日時点で88.9%まで上昇しています(平成27年3月31日時点の多数の者が利用する建物の耐震化率は92.6%)。

久喜市は、平成28年度から平成32年度を計画期間とする「久喜市建築物耐震改修促進計画」を新たに設けて、さらなる建物の耐震化を進めています。平成32年度の耐震化率の目標値は、住宅95.0%、多数の者が利用する建物・市有建築物100%、多数の者が利用する建築物・民間建築物95.0%です。これらの目標を達成するため、無料耐震診断の実施、助成金の交付などを行なっています。

以上の通り、久喜市は近い将来起こると考えられている地震に備えて、住宅や建物の耐震化を進めています。耐震化を進める理由は、大きな地震が想定されているからです。久喜市で注文住宅を建てる方は、省エネだけではなく耐震化にもこだわりましょう。

参考: 久喜市:久喜市建築物耐震改修促進計画

標準装備で選ぶ
注文住宅メーカー3選
久喜市編

カクダイホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

一条工務店

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

カクダイホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

アルネットホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房
サイドバー_TOP

大満足の設備で追加費用のかからない家を建てたいなら、標準装備が豊富な住宅メーカーに頼むべき!

久喜市で標準装備が豊富な住宅メーカーを厳選しました。

詳細はこちら