サイトマップ

久喜市の住宅メーカーを標準装備で比較!

標準装備で選ぶ! 久喜市の注文住宅メーカー集 » 久喜市でこだわりの注文住宅を建てる » 注文住宅をローコストに押さえるには

注文住宅をローコストに押さえるには

注文住宅の魅力は様々なこだわりを実現できる点です。ただし、こだわればこだわるほどコストはかかります。限られた予算でこだわりを実現するには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。ローコストで注文住宅を建てるコツを紹介します。

注文住宅をローコストに抑えるコツ

割高と思われがちな注文住宅ですが、工夫次第でコストを抑えることは可能です。具体的には、次の方法などでコストを抑えることができます。

標準装備のある会社で依頼する

ローコストで注文住宅を建てる方法として挙げられるのが、標準装備を用意している住宅メーカーを選ぶことです。坪単価に主要な装備の料金が含まれているので、同じ条件であれば標準装備を用意していない住宅メーカーよりローコストで注文住宅を建てられます。

標準装備の内容は住宅メーカーにより異なります。よって、標準装備を用意している住宅メーカー同士を比較することも重要です。その他の条件が同じであれば、標準装備の種類が多い住宅メーカー、グレードの高い標準装備を用意している住宅メーカーの方がお得といえます。

標準装備のグレードなどは、追加料金を払うことでアップグレードできます。アップグレードにかかる費用は、一般的な相場より割高になることが多いといわれています。ローコストで注文住宅を建てたい方は、できるだけ標準仕様で満足できる住宅メーカーを選びましょう。アップグレードを重ねると、標準装備を用意していない住宅メーカーと大差のない価格になる恐れがあります。

使用する材料を減らす

注文住宅に使用する材料が多いと建築費は割高になります。小ロットの仕入れになるので値引き交渉しづらいうえ、ロスも発生しやすくなるからです。躯体に使用する材料の仕入れを住宅メーカーに任せる、各部屋の仕上げ材を統一するなどすると建築費を抑えられます。

既製品や量産品を積極的に活用することでも建築費を抑えられます。ローコストで注文住宅を建てたい方は、オーダーのドアを既製品にする、塗り壁を塗り壁風のクロスにするなどを検討すると良いでしょう。物足りなさを感じる方は、既製品を加工してもらうとよいかもしれません。自由度は下がりますが、フルオーダーよりも割安です。

建物は四角形の総2階建てが理想

建物の形状も建築費に影響を与えます。最も割安といえるのが四角形の総2階建てです(1階と2階の床面積がほぼ同じの建物を総2階建てといいます)。

四角形の建物のメリットは凹凸をなくし使用する外壁材などを減らせること、総2階建てのメリットは躯体に使用する材料と屋根に使用する材料などを減らせることです。四角形の総2階建てにすることで工事費や材料費を削れるので、ローコストで注文住宅を建てられます。

同様に、屋根もシンプルな形状ほど割安とされています。棟が多い寄棟より切妻、片流れなどの方が割安です。ローコストで注文住宅を建てたい方は、建物、屋根の形状にも注意しましょう。

要望に優先順位をつける

建てたい家を明確にすることも建築費を抑える助けになります。譲れない点、譲っても良い点がはっきりするからです。譲れない点から予算を割り振ることで、予算オーバーせず理想に近い注文住宅を建てることができます。

注文住宅のメリットは自由度が高いことですが、釘1本から自由に決められるので全てのこだわりを実現しようとすると莫大な建築費がかかります。要望に優先順位をつけることも、ローコストで注文住宅を建てるコツといえるでしょう。

ローコスト住宅のメリット

ローコストで注文住宅を建てるメリットは建築費が安く済むことです。限られた予算で理想を実現したい方にピッタリの選択肢といえるでしょう。また、間取りや設備を自由に決められるので、建売住宅では満足できない方にも最適です。

建築費が安いので、建て替えやリノベーションなどをしやすい点もメリットとして挙げられます。月々の支払いが家賃程度であれば、住宅ローンを返済しながら建て替え費用やリノベーション費用を貯めることができます。ライフスタイルの変化などにあわせて、住まいも変更したいと考えている方はローコストな注文住宅を検討するとよいかもしれません。家族構成や建物の状態にあわせて柔軟に対応できるはずです。

ローコスト住宅のデメリット

ローコストな注文住宅のデメリットは、デザイン性の高い建物を建てづらいことです。四角形の総二階建てなど、シンプルな形状になりがちです。デザイン性を高めたい方は、窓の形状を工夫する、外壁をツートンカラーにするなどを検討すると良いでしょう。

設備のグレードが低くなりやすい点もローコストな注文住宅のデメリットといえます。ハイグレードな設備や最先端の設備はコストがかかるので導入しづらくなります。設備にこだわりたい方は注意が必要です。

住宅の基本性能も、コストをかけた注文住宅よりは低くなります。もちろん、一定の基準は満たしているので快適に過ごすことはできますが、比較すると多少の差はあります。気になる方は、モデルハウスなどで実際の住み心地を確かめておくと安心です。

ローコストな注文住宅には、情のメリットとデメリットがあります。建ててから後悔しないように、内容をよく理解しておきましょう。

標準装備で選ぶ
注文住宅メーカー3選
久喜市編

カクダイホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

一条工務店

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

カクダイホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房

アルネットホーム

  • 太陽光パネル
  • カーポート
  • 床暖房
サイドバー_TOP

大満足の設備で追加費用のかからない家を建てたいなら、標準装備が豊富な住宅メーカーに頼むべき!

久喜市で標準装備が豊富な住宅メーカーを厳選しました。

詳細はこちら